毎日、見てるからあまり気が付かないのですが、改めて見て見るとダイアモンドバックテラピンもかなりの大きさに育ってました。この手のWCは非常に扱いにくいのですが、CBは本当に別物です。

DSC09439_convert_20170120175813.jpg

そろそろ、この30センチ水槽じゃ狭そうだ。

DSC09447_convert_20170120175827.jpg

性別もそろそろ、分かりそうですね。♀かな?

DSC09454_convert_20170120175910.jpg

こんなに派手で外敵に襲われることは無いのだろか?と考えてみたが、良く考えて見たら本種は沿岸部にしか生息していないので海に生息してる生き物と考えればこの派手な外観も妙に納得できます。

スポンサーサイト
即戦力のヤエヤマイシガメが入荷しており、完品~B品まで多数入荷しております。

DSC03941_convert_20170615162626.jpg

本来は亜熱帯域に生息する種ですが、適応性が高く耐寒性もあるので極端に凍らなければ普通に越冬出来ちゃったりします。

日本に生息する中では1番強靱だと思います。。以前は大量に流通していましたが、最近ではまた少なくなって来ております。

今なら選び放題なのでお探しだった方にはオススメですよ!価格は完品にちかい物はpr¥10000 B品は¥500~です。画像は完品が入ってる容器です。

気になる方はお気軽に問い合わせください。






今日は纏まった雨で、すっかり梅雨らしい天気になりましたね。

ジメジメが続き人にとっては過ごしにくい時期ではありますが、屋外のハコガメエリアでは「待ってました!」と聞こえてきそうなほど絶好調ですね。

DSC04080_convert_20170621123841.jpg

普段、日中は隅などに隠れ潜ったり、隠れたりしてる事が多いのいですが、何処からともなく現われる大好物のカタツムリやナメクジを見つけては捕食してました。




水換えを終え早速、気持ちよさそうにバスキングを開始してるノーザンレッドベリーの♂。

DSC03843_convert_20170615063622.jpg

他種と混泳させて数日が経過してますが、今のところは仲良くやってる様子です。

DSC03840_convert_20170615063610.jpg

成熟してくると渋みが増し迫力が出てきて飼い込めば、飼い込むほどに味が出てくる種だと思います。特にこのサイズの♂は本当に数が少なく貴重です。探してみると本当に居ません。

何でも食べ、陸地部分に生えてる雑草やハーブまで食べてくれるので草取りをしなくて済んだりします(笑)

耐寒性も抜群の強靱種で、紫外線を好むので屋外の太陽下で日差しをたっぷりと浴びさせて飼育するのが理想でしょうか。


この時期はただでさえ忙しいのに、空いた時間には新ストック場所に付きっきりなので、あっという間に1日が終わっていきます。

こちらも1つ片付けば、また1つ新しい問題が出てくる。

DSC03351_convert_20170522175035.jpg

雨漏れしてるようで天井の隅にシミが・・・・・

明日、外してチェックしてみよう。

DSC03354_convert_20170522175026.jpg

業務用の大きな流しもセットして給排水はこれでばっちり。

DSC03355_convert_20170522175046.jpg

隣の部屋は事務所に使おうと思ってるが、こちらも念のため水道をセットしてコンクリートを流し込みました。

DSC03356_convert_20170522175055.jpg

ここも本格的に直そうと思うが、暑くなってきてやりにくいし、採集も行きたいのでこっちの続きは涼しくなってから本格的にやろうかと思いますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3