そういえば先日、飼育水について聞かれました。

時々聞かれるので書いておこうと思います。

まず、WCとCBで大きく変わりますがCB個体には日本の水に慣らす目的として敢えて何の調整もしない水を使ってます。

WCの場合は実は結構、気を使ってまして種やその個体の状態によっては、水が合ってないと背甲のシーム(継ぎ目)部分から腐っていったり、鱗板が剥がれたり皮膚炎が出る事も多くあります。

このような個体には水が合ってないのでその種や個体に最適な水を作って使ってます。

具体的には・・・・・

植物性のプランクトンを増殖させた「グリーンウォーター」やクヌギなどの枯葉を洗濯ネットに入れ流木を沈めて作った抗菌作用のある「ブラックウォーター」です。

DSC05253_convert_20170815145856.jpg
DSC05254_convert_20170815145912.jpg


このように種水として常時いつでも使えるように用意してあるので、デリケートな個体には最初はこれらの水を使い、その後少しつづ水道の水と混ぜて徐々に慣らしていくようにしています。



スポンサーサイト